税理士の職務内容

税理士という職業を耳にしたことがある人は多いと思いますが、実際にどのような仕事をするのかということについては知らない人もいると思います。

税理士は名前の通り税金に関するスペシャリストのことで、個人だけでなく事業者の事業における税金などについても管理しています。

雇われていても所得税や住民税などの支払いがあり、他にも日常の中で税金の支払いをすることはたくさんありますが、会社に勤めている場合は会社側が税金の管理はしてくれています。

これが個人事業をしている場合だと自分で税金の管理をしなくてはならないのでかかってくる負担は大きくなってきますが、税理士に入ってもらって税金の管理をすることによって節税の効果を得ることができます。

また、自分ではきちんと税金の管理をすることができると思っていても実際にはきちんと税金を納めることができておらず脱税などの状態になっていることもあるので不要なトラブルを避けるという意味でも税理士に入ってもらう意味は大きいと言えます。

事業をする上で税金の支払いはかなりネックになってくる部分ではありますが、逆にしっかり税金を支払っていれば何も気にすることなく事業に専念することができます。

最近はインターネットを利用することによって税金に関する様々なことを知識として吸収することができるようになっているので、自分でもある程度の税金に関する知識は得ることが可能ですが、プロに依頼した方が安心感はあります。

税理士の現状

税理士という資格は国家資格で難易度的にも難関な試験に分類されることから資格を取得することによるステータスについてもかなり高くなっていますが、税金は身近なものであり仕事においても同様となっています。

仕事をするにあたってさまざまな税金が発生することになりますが、複雑な税金の計算なども必要になってくることから自分自身では税金の管理をしっかりすることが出来ないという人もいると思います。

このような状況になっている場合に税理士に依頼することによって税金に関する問題解決を図ってもらうことができますが、税理士はステータスの高い資格であるというイメージがある一方で飽和状態にもあります。

税理士として働くことができれば一生安泰というイメージを持つ人もいるかと思いますが、税理士は年々増えていく一方で、必要とする人や会社がそれだけ増えてない現状もあるので中には仕事がしたくても仕事を見つけることができてない人もいます。

どのような働き方をしたらいいのかというのが税理士として働く上での課題になってくると思いますが、個人事業者は増えていることもあって今後は個人事業者向けの専任税理士としての需要などが考えられます。

複雑化する税金の仕組みをきちんと理解することができる人がこれから求められる人材になり、資格を取得して満足しているだけでは仕事に繋がる可能性というのも大きくはありません。

税理士としてさまざまな働き方があるので自分にあった働き方を見つけることが大切です。

税理士の魅力

税理士として働くことのメリットはさまざまな人や企業との付き合いがあるので交流の範囲を広げることができるという点で、特に企業向けの案件を多く請け負っている会社などで働くと普段はなかなか聞くことができない経営者の話しなども聞くことができます。

また、普通の人だとなかなか知ることができない会社の懐事情などを知ることができることもメリットでお金の流れを把握することで経済的な面での知識も付加されるようになります。

これは税理士として法人関係の仕事をする場合に限ってくることですが、他にも年齢に問わず活躍することができる仕事というのも魅力で、会社員として働く場合だとどうしても年を取っている人が上司で役職も年齢が上がるにつれて上がっていくという感じですが、税理士は若い人でも自分のネットワークを構築して成功している人はたくさんいます。

もちろん若くして成功することができる人というのはそれだけ努力をたくさんしてきた人なのでただ漠然と働くだけでは成功することはできませんが、可能性の高さという点で考えるとメリットの部分になるところはたくさんあります。

また、仕事は税理士事務所などに入って仕事をするというのが一般的なイメージとしてありますが、それだけでなく個人的に開業して仕事をするというケースも増えています。

いろいろなスタイルで働くことができるという点でのメリットがありますが、自分で魅力となる部分を作っていくことができる職業でもあります。

税理士の給料や待遇

税理士という職業について仕事をする場合に難しい税金に関する仕事をするというイメージがあっても具体的にどのような仕事をしているのかという点については不透明な部分も多くあります。


税理士という資格を取得するためには厳しい競争に打ち勝って国家試験に挑んで合格しなければなりませんが、合格率もかなり低くなっていることや資格取得までには時間がかかると言われていることから資格を取得した後は社会的な地位もかなり向上します。

また、国家試験ということもあって税理士にしか任せることができない役割というのも存在しているので、働く場合はそれなりに高い給料や待遇などを期待することができます。

公務員試験などの試験に合格してないと挑戦することができないというわけではなく、誰でも一から挑戦することができる資格ということもあって挑戦する人はたくさんいますが、実際に資格を取得して仕事に活かすことができる人というのは一部になってきます。

ちなみに税理士として働いてどれくらいの給料を貰っているのかという点についてはかなり気になるところだと思いますが、意外にも年収が300万円を超えない収入の人も多くいます。

しかしながら難しい資格ということもあって年収が1000万円を超えている人も少ないので夢のある仕事だと言えます。

また、年収が少ない人というのはアルバイトやパートであることも多くいるので、それを考慮すると正社員として働く場合の条件はかなりいい条件が期待されます。

税理士と公認会計士の違い

税理士と同じく税金のスペシャリストというイメージがある資格に公認会計士の資格がありますが、資格取得にかかる負担の大きさなどを考えると公認会計士の方が難しいとされています。


公認会計士という資格は医師、弁護士と並び、日本でもっとも難しい三大資格と言われるほどですが、公認会計士の資格を取得していれば税理士としての登録をすることができるものの、逆に税理士の資格を取得していても公認会計士として登録することはできません。

また、職務内容についても違いが大きい部分がありますが、企業会計の監査をすることは公認会計士ができる業務の一つで、株主をたくさん抱えているような大きな会社についても監査対象になってきます。

端的に言えば税理士という仕事は税金に関する専門家になり、公認会計士になると監査や会計の専門家になってくるので、それぞれの専門家で社会的な立場や役割というのは異なっています。

資格のステータスという点で見ると公認会計士の方が上になりますが、だからといって必ずしも公認会計士の方が給料や待遇が良いというわけではなく、税理士として働いている人の方が給料や待遇が良いことも少なくありません。

どのような働き方をする場合も共通しているのは、やりがいを持って働いている人というのは自ずと能力がついてくるようになります。

また、常に新しい知識をどんどん供給して仕事に還元できる人というのもどこにいっても求められる人材になります。